【重要】コロナウイルス対応の情報をこちらにまとめております。クリックしてご確認ください。

学校概要

校長挨拶

日向高校 校長 星衛 俊一郎

本校は、1975(昭和50)年に開校し、本年度で46年目を迎える学校です。2006(平成18)年に普通科に加えて外国語科が設置、2011(平成23)年からは外国語科に替わり、新たな教育目標のもとに教育課程を編成したフロンティア科が設置されました。現在2、3年生は6学級(普通科5学級、フロンティア科1学級)、1年生は5学級(普通科4学級、フロンティア科1学級)の計546名の生徒が学んでいます。

本校の目指す学校像は、
○ 人権感覚を身につけ、安全かつ安心して過ごせる地域に信頼される学校
○ 生徒一人一人の個性を理解し、進路目標の達成に向け連携して取り組む学校
○ チーム日向として協働し、お互い補完し合いながら働ける風通しのよい学校

また、本校で生徒に身に付けさせたい5つの力、日向高校スクールコンセプトは、
○ 自己肯定力・・・短所も含めて、自分を肯定する力を身につけます
○ 傾聴力・・・相手の話をよく聞き、理解する力を身につけます
○ 剛健力・・・心身共にたくましく少しのことではくじけない力を身につけます
○ 協働力・・・同じ目的のために、対等の立場で協力して共に働く力を身につけます
○ 地域力・・・地域のリーダーとして課題解決に向けて取り組む力を身につけます

 本校は創立以来「文武両道」を掲げ、学習面(進路実現)・部活動面の両方に力を入れてきています。
 学習面では、今年度は九州大学、熊本大学、鹿児島大学、宮崎大学、宮崎公立大学、宮崎看護大学など国公立大学に現浪合わせて34名合格。青山学院大学、法政大学、明治大学、関西大学、立命館大学、福岡大学など、難関の私立大学にも120名が合格しました。また、公務員採用試験において地方公務員4名が現役で合格しました。教職員と生徒が一体となっての結果であり、県内でも最も生徒を伸ばす学校であると自負しています。

 部活動においても、男子ソフトボール部、陸上競技部、なぎなた個人、ボクシング個人が九州・全国大会に出場、ラグビー部、弓道部、水泳部が九州大会出場。文化部では令和元年度県高校総合文化祭で吹奏楽部が審査員特別賞を獲得し、九州大会に出場、また美術部個人が宮崎美術展で奨励賞を獲得するなど、様々な部門で活躍しました。これまでにも、男子ソフトボール部の全国優勝や野球部の甲子園出場、ラグビー部の全国大会(花園)出場など、多くの部活動が全国大会や九州大会で活躍しています。

 日向高校には「未知を拓き道を拓く」という言葉があります。自分の本来持っている未知の力を自分の中に眠らせておくのではなく、精一杯の努力することでその力を十分に具現化し、目指す道を切り拓いていこうという意味です。この努力により、先輩方や在校生は、上記のような輝かしい成果を残してきたのだと思います。 中学生の皆さんも、このような素晴らしい先輩を輩出したこの日向高校で、すてきな仲間たちといろいろなことに積極果敢に挑戦して、自分の夢を叶えてみませんか。

校章・校訓・3つの姿勢・校歌

校章

校章

学業を表すペンが、校訓である剛健・信愛・創造の三つの均衡を保って、のびやかに三方に拡がりをみせて支えとなり、また前途洋々たる日向灘の波頭も本校生徒の発展性をはぐくむものであることを示している。

校訓

校訓

剛健・信愛・創造

3つの姿勢

3つの姿勢
  1. 生命尊重を基盤とした責任ある行動をとる
  2. 自己を知り目標に向かって学び続ける
  3. 喜びや成就感の味わえる有意義な高校生活を送る

校歌

高森文夫  作詞  折本吉数  作曲

1. 若草萌ゆるこの丘の 清新の風吹くところ
  南の国の太陽と 緑のなかにかかげたる
  剛健・信愛・創造の 学びの窓の 道しるべ
  日向高校 日向高校 われらが母校

2. 朝日たださす学び舎に 清き若さの咲き薫る
  三年の月日惜しむべし 太平洋の波の音
  秀麗・端正・優美なる 東の空の米の山
  日向高校 日向高校 われらが母校

3.紺青の空澄むごとく 学びの道に果てしなし
  若き力を惜しみなく 学びの庭に競いつつ
  鍛えよ・磨けよ・身心を こだまはひびく海山に
  日向高校 日向高校 われらが母校

校歌 約2分30秒

学校評価

学校経営方針

部活動に係る活動方針

いじめ対策基本方針

シラバス

1年シラバス

2年シラバス

3年シラバス

タイトルとURLをコピーしました